2011年10月31日

秋色のカルバーリー・グラウンド

2011年10月29日(土)


夫の洋服の買い物に付き合って、ケント (Kent) のロイヤル・タンブリッジウェルズ (Royal Tunbridge Wells) に出かけました。

夫の辞書に「衝動買い」という文字はなく、必要なものしか買わないタイプで基本的に買い物が苦手とあって、夫はなんだか浮かない様子。私も買い物好きではないし、ファッションセンスなどないので何の助けにもなりません(ごめんなさい)。

というわけで、話題はサンドイッチ持参の私たちがよく行くランチスポット、タンブリッジウェルズ駅からすぐの「カルバーリー・グラウンド (Calverley Grounds) 」という公園です。(カフェやレストランがいくらでもある大きな町なのに、公園がランチスポットとは切ない話ですが・・・。)


テニスコート、バスケットボールコート、クローケー(ゲートボールの原型)場なども備えたカルバーリー・グラウンドは、町の喧噪を忘れてほっと一息つけるすてきな公園です。この日目を引かれたのは、鮮やかな紅葉。きれいでした。

・・・で、買い物ですが、夫は苦しみながらも何とかズボンを2本選びました。私にもセーターを1枚買ってくれました。

<関連記事>
春のカルバーリー・グラウンド

2 件のコメント:

  1. うわ~っ、ものすごい鮮やか!!
    こっちは黄色や茶色が多くて、日本のカエデみたいな燃えるような赤になかなかお目にかかれないので驚きました。イギリスでもあるところにはあるんですね。

    >カフェやレストランがいくらでもある大きな町なのに公園がランチスポットとは切ない


    「切ない」の部分を「なんと贅沢な!」に書き替えてはいかがでしょう(笑)そういうのこそこの国に住む醍醐味ですからね~(^o^)/

    返信削除
  2. >おぎめぐさん
    緑色の中にまじっているので、色のコントラストがはっきりして本当に
    きれいでした。日本の一面真っ赤な紅葉も見たいなぁ。

    >「切ない」の部分を「なんと贅沢な!」に・・・
    そんなこと言ってくださるのはおぎめぐさんだけですよ(笑)! 
    「すてきなマナーハウスでアフタヌーンティー」なんていう醍醐味も
    味わってみたいと思う私です。

    返信削除