2014年12月5日

バトルのクリスマス・デコレーション

2014年11月30日(日)②

クリスマスも近づいてきました。ということで、バトル (Battle) の町で見かけたクリスマス・デコレーションの様子をご紹介。


まずはバトル駅から。


小さな駅舎いっぱいに飾り付けが施されています。毎年なんとなく見るだけだったのですが、実は駅員さんの一人がチャリティー募金を集めるために私費で飾り付けをしているというのを、この日初めて知りました。


その駅員のピートさん(就職して40年、バトル駅勤務が30年)が来年4月に退職される予定だそうで、この大々的なクリスマス・デコレーションは今年が最後になるかも・・・とポスターに書いてありました。どなたか別の駅員さんが引き継いでくださればいいのですが・・・。

続いて、街の商店のウィンドー・デコレーションです。


ガラスの反射で写真が撮りにくくて困ります。何かいい方法があれば教えてください。



クリックしていただくと、大きい写真が見られます。

<おまけ>


(イギリスに干支はあまり関係ありませんが)午年ももうすぐ終わりですね。よく働いたので、ティールームでちょっと休憩中です。

4 件のコメント:

  1. バトルの駅の飾り付け、来年からも続くといいですね。
    きっと次の駅長さん、されますよ!(なんて無責任に断言しちゃいます)

    どのウィンドーもいいですね。反射でうまく撮れませんよね。私なんか自分撮りみたいに写っています(>_<)
    でもとってもいつも上手にお撮りになっていて感心しています。

    お馬さん!
    お馬さんで思い出すこと。清水次郎長の子分の「大政・小政」を芸能人のあるマネージャーが「お馬さん・熊さん」だとづっと勘違いしてたこと。
    けっこう前の話ですがね・・・空耳(^O^)

    返信削除
    返信
    1. バトル駅のクリスマス飾り、本当に来年も見たいです。

      ショーウィンドーの写真はいつも苦労します。正面からきっちり撮りたいのですが、そうすると自分が写ってしまうんですよねぇ。

      「大政・小政」が「お馬さん、熊さん」ですか。思い込んだら・・・ですね(笑)。

      削除
  2. 私費で飾りつけとは心温まりますね。そしてそれが来年なくなるとなるとちょっと寂しくなりそうです。

    街もすっかりクリスマスモードですね。

    さて、ガラスの反射に関してはこのような情報がありますが、
    http://pixta.jp/channel/?p=1803
    実際問題ショーウィンドーにカメラを密着して撮影したら怪しい人になりそうです。
    そういえば建築家の人が教えてくれたのが、外から室内の写真を撮るときにカメラをガラスに密着させ、カメラの上に下敷きのような庇を作ることによって影を作る方法。こうすると反射を防げてきれいな写真が撮れました。やっぱり怪しい人ですね。でも周りに人がいないようであればお試しください。

    返信削除
    返信
    1. 情報どうもありがとうございます!とても参考になります。専用のフィルターを買うほど写真に凝ってはいないので、怪しまれるのを覚悟の上で(笑)カメラをガラスに密着させたり、カメラの上に庇を作ってみたり、試してみようと思います。

      削除