2016年1月27日

2016年1月19日

セント・レオナルズ海岸の夕日

2016年1月16日(土)②

セント・レオナルズ街角散歩」の続きです。


午後4時。今は日の入りが午後4時半ごろ(日の出は午前8時少し前)なので、きれいな夕日が見られるかもしれないと、セント・レオナルズ=オン=シー (St. Leonards-on-Sea) の海岸に出ました。

2016年1月18日

セント・レオナルズ街角散歩

2016年1月16日(土)①

近所の散歩にやや飽きたので、土曜日の昼下がりにバスに乗ってセント・レオナルズ=オン=シー (St. Leonards-on-Sea) の街中に出て、今まで歩いたことのない一角をぶらぶらしてみました。豪華で大きい建物の多い場所でした。建築に関する知識はほとんどないので何の説明もできませんが、単純に目を引かれたものを並べてみます。


聖ヨハネ教会 (St. John the Evangelist) 。石ではなく、レンガ造りで近代的な感じがします。

2016年1月14日

小鳥と栗鼠と干し草と

しばらくウォーキングらしいウォーキングができていません。冬はただでさえぬかるみが多いのに加えて、先月来の雨で水浸しになって通れなくなっているところもありそうです。気候がよくなるまでじっと我慢の時季でしょうか。

一昨日、昨日と近所を散歩した時に撮った写真を並べます。


大好きなロビン (robin)(ヨーロッパコマドリ)。ブレブレですが。

2016年1月11日

ベクスヒル、冬の海岸沿い散歩

2016年1月9日(土)

すぐ前の記事でも触れましたが、先月からの断続的な雨降りのせいで、家にこもって過ごす日が多くなっています。この日は、天気予報によると雨が降らなそうだったので、散歩に行くことにしました。近所の森や田舎道はぬかるみだらけなので、足下の心配がないところへ・・・ということで、バスに乗ってベクスヒル (Bexhill) の町に出かけ、海岸沿いを歩いてきました。


2016年1月6日

ベンチの変わった表記(5)

皆様、年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。私たちは例年どおり、クリスマスにはライの義父の家に行ってローストチキンとクリスマス・プディングを食べてお祝いし、年明けには眠い目をこすりつつ、わが家でロンドンの花火をテレビで見ました。そして、5日にクリスマスツリーを片づけて、日常生活に戻りました。

日本でもニュースで伝えられているようですが、イギリスは先月から断続的な大雨に見舞われていて、特にイングランド北部やスコットランド東部で大変な洪水被害が起こっています(テレビニュースで「1910年以来の観測史上、イギリスの12月の降水量としては2015年が最多を記録した」と言っていました)。幸い私たちが暮らしている地域では今のところ大きな被害はありませんが、今週も雨の日が多くて気が滅入ります。

さて、本題。