2011年1月10日

ロイヤル・ミリタリー・キャナル・パス その1

2011年1月8日(土)

2011年初歩きは、ロイヤル・ミリタリー・キャナル・パス (Royal Military Canal Path) 。ペット・レベル (Pett Level) からライ (Rye) まで6マイル(10km弱)を歩きました。


ロイヤル・ミリタリー・キャナル (The Royal Military Canal 「英国軍用運河」・・・と勝手に訳しておきます ) は、イースト・サセックス (East Sussex) のペット・レベルからケント (Kent) のシーブルック (Seabrook) まで全長28マイル(約45km)です。フットパス (footpath) が整備されていて、運河沿いを歩くことができます。


この運河は、1804年から1809年にかけて、ナポレオン (Napoleon Bonaparte, 1769-1821) の侵攻に備えて作られました。しかし、1805年の「トラファルガーの海戦 (the Battle of Trafalgar) 」でナポレオンが敗れたことでその脅威がなくなり、実際に使用されることはありませんでした。厳めしい名前の運河ですが、現在はロムニー・マーシュ (Romney Marsh) の排水や灌漑に重要な役割を果たすとともに、野生生物の生息地として、また人々のレクリエーションの場として役立っています。夫は、鳥に食べられた後のドブガイ (swan mussel) の貝殻を拾い集めてうれしそうでした。


運河はジグザグに掘られています。水路がカーブしているところに小さなとりでを設けて、大砲が撃てるようにしていたそうです。ウィンチェルシー (Winchelsea) からライまでは、ブリード川 (River Brede) に合流します。


この日の目的地ライに到着して、ティータイム。義父のお気に入り「スワン・コテージ・ティー・ルーム (Swan Cottage Tea Rooms) 」で、「コーヒーとクルミのケーキ (coffee & walnut cake) 」を食べました。ウォーキングの後は、大きくて甘いイギリスのケーキもペロリといけます。

ロイヤル・ミリタリー・キャナル・パスの完歩は、今年の目標の一つです。続きを歩くのがいつになるかはわかりませんが、がんばろうと思います。

ロイヤル・ミリタリー・キャナル・パス その2  へ

ロイヤル・ミリタリー・キャナル・パス その3  へ
ロイヤル・ミリタリー・キャナル・パス その4  へ

2 件のコメント:

  1. 明けましておめでとうございます!
    新年早々10kmとは(*_*)
    イギリスのケーキは甘いんですね。でもくるみケーキは食べてみたいなあ。。。

    実習があ始まって以降ジョギング休み中。実習が終わった今も走れてなくて落ち込みます。
    2月から再スタートしよ!い

    返信削除
  2. >koya
    今年もよろしくお願いします。

    日本の上品で繊細なケーキが恋しいけれど、イギリスの
    大雑把(失礼!)で甘ーいケーキにもすっかり馴染んで
    しまいました。

    来月再スタートのジョギング、楽しんでね。

    返信削除