2016年7月16日

バトル案山子まつり(2016年)

2016年7月14日(木)①


今年も「バトル案山子まつり (Battle Scarecrow Festival) 」が開催されています(2016年7月4日~23日)。バトルの地で起こったヘイスティングスの戦い (Battle of Hastings) から950周年の節目の年ということで、今年のテーマは「1066年とかいろいろ! (1066 and All That!) 」。町の中心部のあちこちで42体の案山子がお祭りに参加していました。


ヘイスティングスの戦いは、1066年10月14日にノルマンディー公ギヨーム2世(征服王ウィリアム)とイングランド王ハロルド2世との間で戦われた会戦で、戦いに勝利したギヨーム2世が12月25日にウィリアム1世として即位し、ノルマン朝 (1066-1154) を開きました。


史実は不明ですが、ハロルド2世はこの戦いにおいて矢で目を射抜かれたという話になっています。左側の写真の案山子の目に矢が刺さっているのが見えるでしょうか。


動物病院の前には負傷した羊の兵士が立っていました。足の治療専門の医院の前には、足に矢が刺さっている兵士。「緊急の予約を入れられればいいんだけど」という吹き出し付きです。


塀に腰かけてサンドイッチとビールで休憩中の兵士に矢が飛んできたようです。右側の写真の案山子は、レスター (Leicester) の中心部の駐車場の地下からリチャード3世の遺骨が発見されたという2012年のニュースと、ヘンリー1世の遺骨がレディング (Reading) の現在学校となっている場所の駐車場に埋まっている可能性があるという2015年のニュースを背景にしたジョーク。バトルの自宅の庭で庭仕事中に矢に射抜かれた(ハロルド2世のものと思われる)目を見つけた男性が(おそらく)奥さんに向かって「ベティ、うちの庭って前は駐車場だったっけ?」と言っている場面です。

では、例によって私のベスト3。


第3位。何だかよくわからないけれど、芸術の香りがするような・・・(・・・あ、しませんか?)。


第2位。植木鉢の使い方が気に入ったので。


第1位。こういうリアルな案山子に私、弱いんです。

<関連記事>
バトル案山子まつり(2010年)
バトル案山子まつり(2011年)
バトル案山子まつり(2012年)
バトル案山子まつり(2013年)
バトル案山子まつり(2014年)
バトル案山子まつり(2015年)

0 件のコメント:

コメントを投稿