2016年2月28日

イプラ・キャッスル・イン(2016年ライ湾産ホタテ週間)

2016年2月25日(木)


今年もライ (Rye) の町を中心に「ライ湾産ホタテ週間 (Rye Bay Scallop Week) 」のイベントが開催(2016年2月20日~28日)されました。例によって渋る夫にしつこくせがんで、ホタテ料理を食べに出かけました。


左側の写真(と冒頭の写真)は、ライ図書館で撮ったものです。いつも町のイベントと連携した展示が行われています。右側の写真は、今回行ったパブ「イプラ・キャッスル・イン (Ypres Castle Inn) 」です。外を通りかかったことは何度もありますが、中に入るのは初めてでした。


お客さんが少ないであろう開店直後(12時過ぎ)を狙って行きました。実際お客さんの姿はあまりなかったのですが、どのテーブルにも「予約席」の札が置かれています。座れないかもしれないと心配しましたが、「午後2時からの予約のお客さんの席があるので、そちらにどうぞ」と言われて、ほっとしました。今までこういう経験はなかったので、「このパブ、人気があるのかな?」と期待が高まります。


こちらが私たちがいただいた焼きホタテ料理(£14.50)です。ホタテの下に見えるのはチョリソ・ソーセージ、真ん中の塔(笑)は2種類のジャガイモです。このイベント用の特別メニューのメイン料理には、これに加えてパエリア、シーフードパスタ、フィッシュパイなど全部で6種類の料理がありました。前菜メニューにもホタテ料理が5種類並んでいました。

ホタテはけっこう大ぶり。焼き加減も絶妙で、ふっくらと柔らかくてとてもおいしかったです。夫は「今まで食べたホタテ料理の中でいちばんおいしい!」と絶賛していました。心の中では「あんなに食べに出かけたくなさそうだったのに現金な!」と思った私ですが、来年また気持ちよく連れてきてもらうためにも「そうね」とにっこり笑っておきました。


パブの看板にも描かれているイプラ・タワー (Ypres Tower) は、すぐ近くにあります。現在は博物館になっていますが、元々はフランスからの侵入に備えて建てられた砦です。博物館のウェブサイトによると、14世紀初めに建てられたと考えられているそうです。

<関連記事>

0 件のコメント:

コメントを投稿