2013年7月18日

ラム・ハウス

2013年7月13日(土)②

前の記事に書いたスモールハイス・プレイス (Smallhythe Place) からバスでライ (Rye) に戻って、火曜日と土曜日の午後しか開いていないラム・ハウス (Lamb House) へ。思いがけずナショナル・トラスト (National Trust) の梯子をすることになりました。


ラム・ハウスは1722年にジェイムズ・ラムという人が建てた家ですが、アメリカ人作家ヘンリー・ジェイムズ (Henry James, 1843-1916) が住んでいたことで有名です。ヘンリー・ジェイムズの作品というと、私は「The Wings of the Dove (鳩の翼)」しか読んだことがありませんが、やたら難しかったのを覚えています。原作を読む前に同名の映画を観ていなかったら、途中で投げ出していたかもしれません。

家の中は玄関広間、電話室、応接間、食堂が公開されています。ひととおり見学して、お目当ての庭へ。


3年以上前に訪ねた時(記事はこちら)と変わっていたのが、庭でお茶ができるようになっていたことです。ラム・ハウスが開いている時にはいつでも利用できるのかどうかはわからないのですが。



ライの町長を務めたこともある作家E.F.ベンスン (Edward Frederic Benson, 1867-1940) もラム・ハウスに住んでいたことがあります。今年3月にグループウォークで、ライを舞台にしてベンスンが書いた『マップとルチア』シリーズゆかりの場所を回りました(記事はこちら)。作中にこの庭がチャリティーのためのガーデン・パーティーに使われた描写があります。


前にも書きましたが、ここのところイギリスはよく晴れて暑い日が続いています。ロンドンをはじめ内陸部では気温が30℃前後ですが、私が暮らしているイングランド南東の海岸近くでは、たいていそれより5~10℃気温が低いので、風があるととても気持ちがいいです。めったにないことなので、せいぜい楽しんでおこうと思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿