2013年7月14日

イックルシャムからウィンチェルシーまで

2013年7月10日(水)

夫の5連休最終日。家からバスを乗り継いで約1時間のイックルシャム (Icklesham) からウィンチェルシー (Winchelsea) まで3マイルほど(5km弱)のウォーキングを楽しみました。


橋の真ん中にドアが!? 夫によると、向こう側に養鶏場かなにかがあるので、キツネや犬の侵入防止用だろうとのことでした。

この日は日中やや曇り勝ちで、ここのところ続いていた暑さがちょっと緩んで涼しくなりました。


歩いている途中、蝶や蛾、イトトンボをたくさん見かけました。写真左はコヒオドシ蝶 (small tortoiseshell butterfly) 、右はバーネット・モス (burnet moth) という蛾です。


ウィンチェルシーはいつ行っても雰囲気がいい町ですが、この時期はバラがたくさん咲いて明るく華やかです。碁盤の目状になっている町を、しばしそぞろ歩き。


「花より団子」の私、締めはケーキ&紅茶で。喫茶店を併設しているデリカテッセン「ウィンチェルシー・ファーム・キッチン (Winchelsea Farm Kitchen) 」へ行きました。お店自体は何度か訪ねたことがあるのですが、お茶をするのは初めてです。お店の中央にいろいろなケーキが並んでいて迷ったのですが、「ブルーベリー&ホワイトチョコレートケーキ」を選びました。もうすっかり慣れてしまいましたが、日本人の感覚だと大きくて甘すぎるケーキで、紅茶がどんどん進みます。帰りのバスまで少し時間があったので、腹ごなしに(?)また町をちょっと歩いてから帰りました。

0 件のコメント:

コメントを投稿