2011年8月1日

スコットニー城①

2011年7月30日(土)

「夏はまだ終わっていない」とでも言うかのような強い陽射しの下、久しぶりの半袖の腕に日焼け止めを塗って、ケント (Kent) のランバーハースト (Lamberhurst) にある「スコットニー城 (Scotney Castle) 」に出かけました。


庭園への入り口を入って少し歩くと、古城の姿が見えてきます。スコットニー城へはこれで3度目。前に訪ねたのは春と秋、今回は夏ということで第一印象は「緑」! 落ち着いた感じでこれもいいですね。


実際は「城」ではなく、堀で囲み防備を強化した邸宅だったそうです。最初は1378年から1380年にかけて建てられ、四隅に塔があったそうですが、今は一つしか残っていません。ほとんど廃墟となっている邸宅部分は、17世紀後半に再建されたもので3階建ての立派な建物だったそうです。

そんなことはさておき(?)、堀の水面に映るスコットニー城の優雅な姿にはうっとり。リーフレットで「ロマンチック」を売りにしているのも納得の美しさです。夫にわからないのをいいことに、「♪ だ・れ・か Romantic と・め・て ♪」と古い歌を口ずさむ私。


ゆっくり庭園を散策した後は、1837年にエリザベス朝様式で建てられたこちらの邸宅の内部も見学してきました。(詳しくは スコットニー城② の記事をお読みください。)


見学を終えて、売店を見て回った後は、お茶でも・・・ということで付設のカフェテリアへ。クリームとジャムをはさんだ伝統的なケーキ「ヴィクトリア・スポンジ」と紅茶をいただきました。


腹ごなしも兼ねて少し歩きました。敷地が広大なので、ウォーキングルートも用意されていて、こんなのどかな景色の中を歩くことができます(たいていの人は、メインのお城と邸宅を見て帰っていくので、誰にも会いませんでしたが)。午前11時から午後5時までたっぷり楽しんで、家路につきました。

<関連記事>
スコットニー城②
春のスコットニー・キャッスル

4 件のコメント:

  1. スコットニーキャッスル、両親がイギリスに遊びに来た時に連れて行ったら、綺麗な景色と花々にいたく感動していました。ウォーキングルートもあるのですね、今度行ったら歩いてみます!

    返信削除
  2. >hikoさん
    ご両親といらっしゃったのは春でしょうか。ツツジやシャクナゲが
    きれいですよね。
    ウォーキングルートはhikoさんには物足りないかもしれませんが、
    のんびりしていて気持ちいいですよ。

    返信削除
  3. 2枚目の写真は、水面にお城が映って本当にきれいですね!!
    (もっと何か言いたいのですがボキャブラリーが貧弱で)
    でもSparkyさん、いくらなんでもその歌はダメです~!!
    同じロマンティックでも、もうちょっと違う歌がありませんでしたか(苦笑)?

    返信削除
  4. >おぎめぐさん
    苦笑いさせてしまって、ごめんなさい!! でも本当に『止まらない』
    ロマンティックさ(←変な言葉ですが・・・)なんですよね。
    おぎめぐさん、何かお薦めの歌があったら教えてください。次回は
    そっちを歌います(?)。 

    返信削除